年齢に適応したブラ選び

女性は普通のブラジャーをつけていると揺れてバストが垂れやすくなると聞いたので一時期よくウォーキングやランニングをするようになった時にスポーツブラを買ってから、その締め付けのなさやラクチンさにハマってしまいました(*´ω`)

…で、ついラクチンすぎて日常でもずっと着けていたら、みぞおちから下あたりが段々ぷにぷにになってきたんですよねぇ~(Ο´Дヽ)゜。ちょっと楽しすぎたって感じです。

ワコール人間科学研究所が行っているエイジング研究は1000人の女性のボディ変化を30年間にわたって追跡調査しているのですが、その研究所にによると加齢によって女性のボディは例外なく変化するそうで、サイズがかわっていなくてもバストの柔らかさや形が変化するのだそうです。
(関連サイト)http://aカップからcカップになる方法.net/

pcp01

下着ブランドが設定する対象年齢層を知れば、体にフィットする下着選びをすることができるらしく、ブラやショーツ、ガードルは、ブランドごとに原型モデルの年齢に合わせてカップの形状や肩紐の幅・位置、 パッドの位置などをデザインしているそうなので、ラクチンなスポーツブラを辞めてきちんと自分の身体にフィットしたブラ選びをしようと思います。ぺちゃぱいの改善にもこういった下着選びは重要だと思います。

納豆を毎食食べてバストアップにチャレンジ中

バストアップサプリメントを半年間続けて摂ってみてもバストに変化が見られなくて、その辺から食べ物を大切にするようにしました。

バストアップサプリメントも摂り方とか体質とかによって効果の出かたが変わると思います。だからわたしの場合はたまたまバストアップサプリメントの効果が出なかったのだと思うようにしました。

もう少し頑張ってバストアップサプリメントを摂ってみたら結果が変わっていたのかもしれませんが、経済的なことでそれ以上に長く摂り続けることができませんでした。

だけどそれはそれでいい経験をさせてもらったと思っているので後悔はしていないです。

自分のバストにはバストアップサプリメントが効かないということがわかっただけでも得るものがありました。

pcp02

そんなわたしが今続けているバストアップ方法は「納豆を毎食食べること」なんです。

納豆大好きなわたしが納豆が身体に与えるいい効果を調べて、「これなら続ける価値がある!」と思ったから続けているのです。

納豆だったらお財布に優しいから経済的な負担はそれほどありません。

それに大好きな豆なのでいくら食べても飽きません。大豆は特に大好物です。女性ホルモンを補うために納豆をたくさん食べてバストアップできたらうれしいです。